横断幕ランキングTOP5

第1位 株式会社アドプリント

  • 納得できる高品質を業界最安値の安心価格で提供

  • 選べるデザインプランで親切丁寧にフルサポート

  • 無料生地サンプルで不安要素をなくしています

効果 価格・保証 対応 規模・実績 口コミ

株式会社アドプリントに対するみんなの口コミ

部活の大会の応援用にこちらで横断幕の製作をお願いしました。無料会員登録で10%OFFになっていて、またセールも行っており...
サッカーチームの応援用に横断幕を製作しました。横断幕の製作というのは初めてで、どうしたらいいのか分からずに電話の方で問い...
さまざまなサイトで見積もりなどを出して比較していましたが、こちらが一番安く済ませれそうだったのでこちらにしました。セール...

豊富な商品でお探しの商品がすぐに見つかる

横断幕・のぼり旗専門店の株式会社アドプリントでは、布系のトロマット、ビニール系のターポリンを中心に、様々な素材をご用意しています。設置場所や用途など、顧客のニーズに合った商品が必ずすぐに見つかります。

第2位 株式会社イタミアート

  • 無料素材として使用出来るものは4万点以上

  • モリサワの有料フォントが無料で使用可能!

  • 簡単な手書き原稿からでも希望のデザインを作成

効果 価格・保証 対応 規模・実績 口コミ

株式会社イタミアートに対するみんなの口コミ

応援用の横断幕を作りたいと思い、こちらに制作を依頼しました。文字だけの簡単なデザインでしたが、イメージした通りの完成図を...
いくつかのサイトを見て回り、こちらではWEB上でデザインが作成できるとのことでしたので、試しに作ってみました。出来上がっ...
大会に出場する部の幕を複数製作するためにこちらで依頼しています。地区大会や全国大会といったものに出場するたび、横断幕や懸...

WEB上で簡単に作れる幕デザイン

株式会社イタミアートでは、ホームページから幕デザインを製作することが出来ます。その手軽さは素材をおいて文字を打つだけというもの。出来上がったデザインはそのまま入稿データとして印刷することが出来ます。

第3位 のぼり屋さんドットコム

  • 選べる三つの注文方法でデザインを入稿可能

  • 横断幕の生地の素材も三つから選ぶことが出来る

  • 二つの納期プランから注文することが出来る

効果 価格・保証 対応 規模・実績 口コミ

のぼり屋さんドットコムに対するみんなの口コミ

特に急ぎではなかったので、ゆったり便を用いて発注しました。仕上がりの図を見て問題はなく、出来上がったものが届けられると自...
illustratorを用いてデザインしたものを入稿しました。少々特徴的なデザインとなりましたが、問題なく仕上げてくれま...
シンプルな手書きのもので幕の製作をお願いしています。前もって用意するためゆったり便での注文です。コストダウンを図った結果...

見積もり無料でゼロから顧客のイメージ作成

のぼり屋さんドットコムでは見積もりは無料です。希望のサイズ、生地から始まり、デザインを作成するか、顧客のイメージしたデザインを入稿します。出来上がったデザインは顧客へと確認を取り、印刷を行います。

第4位 株式会社バンテック

効果 価格・保証
対応 規模・実績
口コミ

1回も会わずにオーダーメイドのデザインを

株式会社バンテックでは簡単な原画を描くだけで、プロのデザイナーが顧客のデザインを元に、より横断幕に適した選手の想いが伝わるデザインを提案します。デザイン作成料は無料です。ぜひ利用しましょう。

第5位 うちわ株式会社

効果 価格・保証
対応 規模・実績
口コミ

多く買い物をすれば送料がお得になる

うちわ株式会社で一回の買い物の料金につき送料がお得になります。2800円未満ならば全国一律で972円、2800円以上になると680円になります。そして6000円以上になると、送料は無料になります。

横断幕を作成しよう!

競技場試合の応援をする時や、イベントの案内を行う時、声以上に言葉を前に届けることができる横断幕があると便利です。見やすい文字や優れたデザインは目を惹き、人の注目を集めます。日常的に、視覚から多くの情報を得ている人間に対しては、横断幕は有効なアピール手段となりえます。
ビラにポスターに看板にのぼり旗等、横断幕と同様に大勢の人に情報を伝える働きを担う道具は数ありますが、特定の場所で目の前にいる相手に呼びかけるなら、横断幕はトップクラスに効率の良い手段です。ビラやポスターに比べて目に入りやすいサイズ感を持ちながら、看板のようにかさばるわけでもなく、動いていても止まっていても文字を追いやすいその形状は、横断幕の確かなメリットです。
学校で職場で自治体の活動で、横断幕を作成する必要が生じた時には、最初に手製にするか業者に任せるか、どちらの方法をとるかを決めます。手製なら材料を調達する人とデザインをする人、実際に作成に臨む人をそれぞれ決定しなければなりませんし、業者に任せるなら業者選びと予算組みが求められます。早い内に方法を選択しておかなければ、次の製作段階には進めません。
しかしそこを超えてしまえば、その後はスムーズに作成に取り掛かれます。作ろうと行動を始めて、一週間で作成することも可能となる横断幕は、物づくりの初心者にも、忙しい人間にも優しい道具なのです。

横断幕って何に使うの?

サッカー横断幕は通常、応援か宣伝のどちらかの目的で使用されます。チーム名や選手の名前が明記されているなら、それは特定の相手にエールを送るための横断幕です。3mも5mも横に伸びる幕は、広いスタジアムの中でも大きな存在感を放ち、そこに書かれた応援のメッセージを選手たちの元に届けます。
野球にサッカーにラグビーにバレー、競馬に競艇にオートレースと、幅広いスポーツの応援にて横断幕は用いられ、選手のモチベーションを上げる役目を果たします。しかし一方で大きな幕が視界や通路を塞いだり、意図せず試合の妨害を行ってしまう可能性もあると、使用に制限が設けられていることも少なくありません。応援に利用したいという場合にも、許可をとらずに行動するのはトラブルの元です。要らぬリスクを避けるべく、使用の度に、ガイドラインにはじっくり目を通しておきましょう。
試合という限定されたタイミングで使用される、応援用の横断幕とは異なり、宣伝や広告の効果を目的に用いる横断幕の方は、橋や歩道橋やマンションなどの建物に一定期間設置され続けるのが一般的です。看板よりも手軽に作成できる点が重宝されており、近年の横断幕作成サービスの発展によって、増々その需要は増えました。ただ耐用年数は看板ほど長くはなりませんので、目的に応じた使い分けが使用のカギです。

横断幕を作るときの業者の選び方

応援横断幕の作成を業者に依頼する時には、目の前の選択が、その後の結果を大きく左右するのだという意識をもって、行動することが大事です。格安料金で注文を受けてくれる業者は、確かに魅力的な存在ですが、結果手にする完成品が、安かろう悪かろうの品となるのでは意味がありません。
欲しいサイズの横断幕を作成する場合に、お金がいくらかかるのかは、詳しい見積もりをとってみることでわかります。業者のほとんどは、無料見積もりのサービスを展開していますから、その気遣いに甘えるつもりで、あちらこちらのお店に見積もりをお願いしていきましょう。業者ごとの金額を比べれば、安いお店も高いお店もはっきりと区別できます。
金額のみならず、お店ごとの対応の違いも、サービスを選択する上でのポイントとなります。説明が丁寧であったか、しつこい営業がなかったか、見積もりが作られるまでどの程度の時間がかかったか、主観でよいので印象はメモに控えておくようにして下さい。
見積もりを終えてもまだ、判断材料が足りないと感じる時には、ネットの口コミを覗いて、実際に利用した人の感想を参考に考えてみるのも良いかもしれません。事情が詳しく書かれた、本当の利用者が投稿したと思われる口コミを見つけ出すことができれば、業者選びに大いに役立ちます。

横断幕の種類

甲子園横断幕は、使用の生地によって種類分けされます。生地が持つ特性は、そのまま横断幕の特性となるので、どの生地をベースとして幕を作るかはとても重要な問題です。
屋内でのスポーツ観戦にて利用する、応援用の横断幕にて、使われることが多い生地に、トロマットというものがあります。ポリエステルを素材とするとするトロマットは、軽く丈夫なことが特徴で、扱いやすさから横断幕の他、タペストリーなどにも加工されます。
トロマット生地の幕は、折りたたんでもシワになりにくく、持ち運びにも苦労しません。ただし雨には弱いので、屋外での利用は避けるか、防水加工を施して備えるかの、どちらかを選択して対応することが望まれます。
トロマットよりも屋外向きな生地としては、ターボリンが挙げられます。ポリエステルの布を、フィルムで覆うように加工して作る生地は、ビニールの性質を持つため、ちょっとやそっとの雨には負けません。普通のポリエステルに、ビニールが被さったターボリンという生地は、耐水性に加えて耐久性にも優れており、その頑丈さは野外での利用において大きな活躍を見せます。
軽く使い勝手の良い横断幕と、重量感を持つ劣化しにくい横断幕では、使用感は全く違ったものになります。横断幕の種類を知りそれぞれの特徴を知ることで、アイテムを更に有効に使用することが可能となるでしょう。

▲ ページトップへ